学校紹介

   ホーム  >  学校紹介 [ 校長挨拶 ]

令和4年度 校長挨拶

春が、薄緑色の海から南の風を送り、自然豊かな豊の国への春の訪れを感じるこの佳き日に、ご来賓のお二方ならびに保護者の皆様のご臨席を賜り、第20回入学式を厳粛に挙行できますことは、本校関係者一同にとってこの上ない喜びです。教職員を代表して心からお礼申し上げます。

ただいま入学を許可いたしました新入生の皆さん、入学おめでとうございます。皆さんは、9か年間の義務教育を終え、自らの意志でこの青豊高校を志願し、晴れて本校の生徒となりました。今、皆さんの胸中は、入学の喜びとこれからの高校生活への期待や意欲で、大きく膨らんでいることと思います。

本校は、平成15年に開校し、本年度、学校創立20周年を迎えます。人間でいえば二十歳という節目を迎え、これから成熟期に入る伸び盛りの学校です。この間、「賢く 優しく 逞しく」を校訓とし、「夢をカタチに」をキャッチフレーズに明日の社会を担う人間の育成を目指して、授業のみならず部活動や学校行事等の教育活動に熱心に取り組んでまいりました。新入生の皆さんにも学業に努力し、部活動や生徒会活動に真摯に取り組む中で、最後までやり抜く逞しい継続力を身につけ、世界の平和・福祉・発展のために貢献できる人材に育つことを期待します。

さて、新入生の皆さんに、これからの高校生活において、二つのことを希望します。

第一は、志を持つということです。「志」は「目標」と似ていますが、意味が異なります。たとえば、「国公立大学に進学したい」というのは目標です。志というのは、「大学で外国語を学んで海外の人たちとコミュニケーションがとれるようになり、国際交流を実践して国際貢献を果たしたい」というような意志のことです。一人一人に応じた進路を実現するために、志を高く掲げ、主体的かつ意欲的に努力を続けてほしいと思います。

第二は、謙虚にそして素直に学ぶということです。皆さんが知徳体のバランスの取れた人となるための学びの場は、授業だけではなく、部活動や生徒会活動、学校行事など学校生活のすべてです。私は、現埼玉西武ライオンズの辻発彦(つじ はつひこ)監督の「人生の本舞台は常に将来に在り」という言葉が好きです。高校時代には楽しいことばかりではなく、苦しくつらい経験もつきものですが、常に将来の本舞台を目指してのものだと考えれば、かけがえのない経験になります。謙虚に素直な心を忘れず、何事も最後までやり抜いてください。

保護者の皆様に一言ご挨拶申し上げます。本日は、お子様のご入学、誠におめでとうございます。本日からお子様を3年間お預かりすることとなりました。私ども教職員一同、心を一つにして生徒一人一人の教育に専念する所存です。つきましては、教育効果を上げるために、学校と家庭がそれぞれの役割を果たしながら、密に連携をとっていただき、本校の教育活動に対しまして、ご理解とご協力を賜りますよう、心からお願い申し上げます。卒業式の日に、「青豊高校で本当によかった」と思っていただけるように努めてまいります。

終わりに、新入生の皆さんの今後の大いなる飛躍と成長を祈念して、式辞といたします。

令和4年 4月7日

                         福岡県立青豊高等学校 校長  白川 英治

 ホーム
福岡県立青豊高等学校〒828-0028福岡県豊前市青豊3番地1
Tel:0979-82-2105 Fax:0979-83-3947
福岡県立青豊高等学校
〒828-0028福岡県豊前市青豊3番地1
Tel:0979-82-2105  Fax:0979-83-3947
Copyright(C)2009 Seiho High School. All rights reserved